AGA治療の特徴とさまざまな治療パターン

AGA治療は、

 

治療薬の処方と外科的な治療の2つに分かれているという特徴があります。

 

n189_memowotorunashi_tp_v1

 

内服薬と外用薬の治療。

 

治療薬には、内服薬と外用薬があります。

 

内服薬に主に使用されている薬は、プロペシア

外用薬に主に使用されている薬はミノキシジルです。

 

プロペシアの中に含まれるフィナステリドには、

●AGAを引き起こす原因を抑制する作用があります。

 

ミノキシジルは、

●血行を促進する働き。
●発毛を促す作用があります。

 

AGA治療の外科的な治療には、いくつかのパターンがあります。

 

pasona_9_tp_v1

 

頭皮に直接発毛を促す作用がある成長因子を注入する

メソセラピー療法やHARG療法は、最新のAGA治療として人気が高まっています。

 

また、これらの治療は、直接頭皮に作用するので、

効果が現れるのが早いという特徴もあります。

 

薄毛を完全に解消したいという方には自毛植毛を受けると薄毛を解消することができます。

 

自毛植毛は、自分の髪の毛を使用するので、

アレルギー反応が起こることが少なく、定着率も高いと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です