AGA治療の内容と自毛が生えてくる確率

髪の毛が薄くなってくると、

周りからの視線が気になってしまいますが、

近頃は一般的な内科や皮膚科の病院や薄毛の症状を、

 

専門的に診察してくれるクリニックなどでAGA治療を行っています。

 

 

n934_karutewokakunishiteirudr_tp_v1

内服薬の服用

 

AGA治療の内容は、

AGAの直接的な原因となる活性男性ホルモンの分泌を抑える内服薬を処方するというものです。

 

一般的な内科や皮膚科の病院では、ここまでのAGA治療しかやってくれないことが多いのですが、

薄毛専門のクリニックであれば、

患者さんがお医者さんの指示する用法や用量を守って内服薬を服用していても、

経過が思わしくない場合は、

 

育毛成分を直接頭皮に注射して発毛を促進する内容のAGA治療も行ってくれるので、

 

一般的な内科や皮膚科の病院でAGA治療を受けるよりも自毛が生えてくる確率が上がります。

 

pp_hatakenonae_tp_v1

 

基本的に内服薬を服用を半年間続けた場合、

半数を超える患者さんが何らかの形で自毛が生えてきた実感を得られるという確率になっています。

 

一年服用を続けると発毛を実感できる確率はおよそ七割ぐらいに上がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です