AGA治療は飲み薬もしくは塗り薬どちらで治療する?

AGA治療では治療薬が用いられますが、

軽度の場合ですと飲み薬だけでも十分なことがあります。

 

AGA治療で大事なのは抜け毛をストップさせて発毛環境を整えることであり、

飲み薬にはそれらを同時に実現する作用があるのです。

 

 

tsu_m023803_tp_v1

飲み薬のみの処方

 

軽度の場合ですと症状が改善できることもあるため、

飲み薬のみの処方になることもあります。

 

症状が重い場合は加えて塗り薬も使うことになります。

 

飲み薬ですと実は発毛させる力としてはあまり高くありません。

 

発毛させるための薬というよりも、
抜け毛を食い止めるための薬ですから、症状の重さによっては効き目が出にくいです。

 

hw20160702125816_tp_v1

 

ところが塗り薬も併せて使うことで、

発毛を促進することができ、より効果の高いAGA治療を受けることができるのです。

 

このように症状の段階に合わせて治療薬を選択するので通常ですが、基本的には併用するのが望ましいです。

相乗効果によってより高い効果が発揮されますので治療効果も倍増させることができます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です